好きには才能があって、僕には才能が無い。他人の好きの才能に劣等感を感じているって話。

   

近況もいろいろ話したいところですが、楽しいことなんかないのでどうでもいいことをブログに書くやつ。

僕はそこそこにオタクで、大阪で「ダメ系バンド」っていうコミュニティに出入りしています。当然、周りはみんなオタクですから好きな作品のことだとか、好きな音楽のことだとかを目を輝かせて話しているわけですよ。

そこでよく出てくる表現があります。

「泣いた」

この表現を見るたびに、僕は「好き」の才能の無さに絶望します。

いや、「好き」の表現なんて人それぞれだよー。ってのはわかるんですよ。わかったうえで、辛い。

この回泣いたわ。神回!!

この曲いつ聞いても泣けるわー。

この映画のラスト泣けるよねー。

etc...

そんなに泣くのが偉いのか!!!
って思うのです。

「泣いた」っていう感想を誰かが言って、「わかる」って誰かが同意した瞬間に、もう僕はその作品に対して語る資格が無いように感じてしまう。ていうか、実際無いと思うんだ。

「泣く」っていう最上級の感想をぶつけ合ってる中、「このセリフがよかったよね」とかいったところで、彼らからしたら「は? それも包括しての「泣いた」なんだけど。てか、それ以外に語るところが無いんだったら黙っててくれる?」って感じじゃん。実際オタクってにわかに厳しいし。

ってことを寝れなかったから書いてみたくなったんだ。
最近寝れないから変なことばっかり考えちゃう。

 - Diary