No rule to make target が出た時のメモ

   

make: *** No rule to make target `jni/../../Classes/AppDelegate.cpp', needed by `obj/local/armeabi/objs-debug/cocos2dcpp_shared/__/__/Classes/AppDelegate.o'. Stop.

こんなエラーが出ました。

意味は、`obj/local/armeabi/objs-debug/cocos2dcpp_shared/__/__/Classes/AppDelegate.o'に必要な
`jni/../../Classes/AppDelegate.cpp'を作るルールがありませんということでしょうか。

AppDelegateなんて、サーチパスの追加と画面サイズ指定するくらいしか弄ってないのになぁ。

 

http://qiita.com/ytsnomiya/items/f4c6abab306c7eb79b1c
こちらを参考にAndroid.mkを確認してみる。
→変わりなし。

 

使ってないヘッダーファイルをincludeしてたので消してみる。
→変わりなし。

 

これは、makeがターゲットのビルドが必要であると判断したものの、 どのようにするかの明示的あるいは暗黙の命令(デフォルトのルールデータベースも 含めて)をmakefileで発見できないことを意味しています。

ファイルのビルドを望む場合、ターゲットがどのようにビルドされるかを記述した ルールをmakefileに追加する必要があります。ほかに考えられる問題の原因は makefileのなかのタイポ(ファイル名が違うなど)、あるいはソースツリーの 不完全さ(ビルドの不要なファイルで、必要条件だけの場合)などです。

こんな記述を見つける。
→理解できない。
makefileって何?ってレベル・・・

 

動いた

LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp \
                   ../../../Classes/AppDelegate.cpp \

こうしないといけなかったところを、

LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp \
                   ../../Classes/AppDelegate.cpp \

こうしてただけでした。

最初の項目でしっかりチェックしてたらすぐ解決しましたね・・・
ファイル名だけしか見てませんでしたよ・・・

 

終わってみればあっけないものですな・・・。
また別のエラーが出てきたので戦ってきます。

 - cocos2dx